まずはサンプル動画をご覧ください

※音がなりますのでご注意ください

なぜ、仏教が注目されているのか?

今、多くの経営者やリーダーが仏教の思想をビジネスに取り入れていることをご存知ですか?

京セラの創設者である稲盛和夫氏は経営者でありながら仏教の僧侶であり、仏教の思想を経営に生かす第一人者です。
appleの創設者スティーブ・ジョブズは禅の思想を取り入れ、iPhoneやmacなど数々のイノベーションを起こしました。
Googleの元CEOエリック・シュミットもマインドフルネス(瞑想)を取り入れ、Googleの約1/5の社員が実践しています。

坐禅や瞑想というとどこかスピリチュアルなイメージもありますが、意識を自分へ集中させることによって集中力が回復することやストレスを解消させることは実は科学的にも実証されています。
今、仏教が改めて注目されるようになったのは、仏教の教えが正しいことが科学的に証明されているからでもあるのです。

“経営”は仏教用語

実は経営という言葉も本来は仏教用語です。
意外なことですが、仏教のお教本には「お金の稼ぎ方」を解かれたものもあります。

仏教の最大のデメリット

それではいざ仏教を学びたいと思った時にどうやって学べばよいのでしょうか?
実はここが仏教の最大の問題点です。仏教は一般の人が学ぶにはあまりにも難しすぎます。また、2500年に渡り様々なルートを通って伝えられる中で独自の解釈を加えられたり、間違った教えを付け足されていることもあり、一体何が正しい教えなのかがわからなくなってしまっている現状があります。

集中力・記憶力をUPし、学びの効果を最大限に高める方法

仏教で磨くリーダーの才覚『学習力』

これから仏教を学ぶ人へ、学びの効率や成果を上げるために必要な心構えやノウハウをご紹介しています。

ご購入はこちら ダウンロード版

情報に惑わされず、最良の人生を選択する能力

仏教で磨くリーダーの才覚『学習力』

ご購入はこちら ダウンロード版

成功者の「思考」は何が違うか?

仏教で磨くリーダーの才覚『思考力』

思考力を高めてより良い決断をするための8つの知恵

ご購入はこちら ダウンロード版